まさこメディカルクリニック タイトル  

トップ  自費部門 トップ  おススメの検査
オススメの検査

活性酸素測定オリゴスキャン(体内ミネラル&有害金属検査)
 |PWV(脳波伝播速度)頸動脈超音波検査
骨密度測定肺年齢測定内臓脂肪測定卵巣機能検査
アルコール感受性遺伝子検査肥満遺伝子検査
 |AGEs体内糖化度(こげつき)検査

 肥満遺伝子検査
 
●口腔粘膜による遺伝子検査
 ムリ・ムダのない「あなた」に合ったダイエット!


 あの人はやせるのに、なぜ私はやせないの?
 両親と同じように将来太ってしまうの?
 すぐお腹まわりに脂肪がつくのはなぜ?
 どのくらいの食事・運動量がベスト?

例えば上記のことなどは「口腔粘膜」で手軽に調べる事ができます。
検体は口の中の粘膜を専用の綿棒を使って採取して送るだけで肥満因子(遺伝子)がわかります。
一人ひとりの肥満遺伝子に合ったダイエット法がレポートにより詳しくわかる、口腔粘膜遺伝子分析キットです。
口腔粘膜(専門の綿棒で採取したもの)と問診票を分析センターに送ると、肥満原因である遺伝子を分析します。
約2週間後、分析結果および毎日の生活習慣に関するアドバイスシートを送付します。

【料金】
 郵送の場合: 肥満遺伝子検査キット代+送料650円(全国一律、北海道・沖縄・離島は除きます)
 当院受診の場合: 肥満遺伝子検査キット代のみ

★オススメの方
 血縁者に肥っている人がいる方
 あまり食べていないのに痩せない方
 自分にあったダイエット方法を知りたい方
 肥っている方
  肥満遺伝子検査キット



※この肥満遺伝子検査キットは、あなたの遺伝子的な体質を判定するものであり、疾病の有無を診断するものではありません。
 
●検査の流れ(一生に一度の検査です!)

【郵送検査の場合】

(1)電話予約 пF0834-21-0609
    ↓
(2)代引きで検査キットをご自宅にお送りします。
    ↓
(3)肥満遺伝子検査の口腔粘膜の採取の仕方、送付方法に従い、口腔粘膜を送付していただきます。
    ↓
(4)検査結果は検査会社から直接自宅に届きます。
   ご質問がある場合は、メールでご質問下さい。

【当院受診の場合】

(1)電話予約 пF0834-21-0609
    ↓
(2)外来で説明の上、検査キットをお渡し致します。
    ↓
(3)肥満遺伝子検査の口腔粘膜の採取の仕方、送付方法に従い、口腔粘膜を送付していただきます。
    ↓
(4)検査結果は検査会社から直接自宅に届きます。
   ご質問がある場合は、受診予約の上ご来院下さい。
最先端のFTO遺伝子を加えた5種類の肥満遺伝子を検査する『肥満遺伝子検査キット』
肥満を知ることがダイエットの早道です!
肥満遺伝子を調べて、体質をチェックしてみませんか?
肥満者の多くが、食欲旺盛で無意識のうちに高カロリー食品を選択し、加えて基礎代謝が低下傾向にあります。
それは生まれ持った遺伝子体質が異なることが一因です。
検査対象となっているFTO遺伝子は最新の分子遺伝子学において、人種を越えて肥満との関係が明らかになっている遺伝子の一つです。
ダイエット!それはまず自分を知ることから!!
 
あなたはどのタイプ?
★肥満のタイプは243種類(大きく分けて10種類)に分類されます。
 現在の状態と、将来の肥満リスクもわかります。




内臓脂肪型肥満 



皮下脂肪型肥満



混合型肥満

糖尿病・高血圧などの合併症を引き起こしやすい「危険な肥満」と言われています。
日本人の3割は、内臓脂肪型肥満になりやすい遺伝子を持っています。

体重の増加によるひざの痛み・腰痛などを引き起こす可能性があると言われています。
低体温傾向の女性では、特に下半身に脂肪が付きやすくなります。
内臓脂肪・皮下脂肪の両面を持っているタイプで代謝が悪く太くなりやすいタイプと言われています。
男女の肥満傾向として、女性は皮下脂肪蓄積傾向、男性は内臓脂肪蓄積傾向です。
 
  @高カロリー嗜好&内臓脂肪型肥満   A高カロリー嗜好&皮下脂肪型肥満  
  B高カロリー嗜好&混合型肥満   C高カロリー嗜好&標準型  
  D高カロリー嗜好&やせ型   E内臓脂肪型肥満  
  F皮下脂肪型肥満   G混合型肥満  
  H標準型   Iやせ型  
 
遺伝子タイプに合わせた最適なダイエットプランをご提案!
<お届けするレポート内容>
 分析結果
 ●つきやすい脂肪の部位(内臓脂肪または皮下脂肪など)
 食べ物の選び方とカロリー摂取量比較
 タイプに合った運動量(有酸素運動または筋トレ)
 あなたに合った栄養素
 あなただけのダイエットプラン
 
検査対象遺伝子多型
 ■FTO(rs9939609) ■FTO(rs1558902) ■β-3 ■UCP1 ■β-2
 
  気になる生活習慣、ダイエット、メタボリック

 肥満遺伝子のタイプ別の最適な食事、運動法等の様々な情報を、レポートいたします。

 摂食行動 高カロリー嗜好派かどうか。
 基礎代謝 基礎代謝が低いと同じ物を食べても脂肪が人よりつきやすいことがわかります。
 食   事 タイプ別の食事アドバイス
 運   動 有酸素・筋トレ運動のどちらに向いているのか。

高カロリー嗜好タイプ+内臓脂肪型・皮下脂肪型・混合型・やせがた・標準型の10タイプに大分類されます。
 
 
●遺伝子分析結果

分析結果とともに送られるアドバイスシートには、効果的なダイエットのための食生活のポイントや運動の目安、その他生活習慣に関するアドバイスが書かれています。
自分に何が不足しているか、そしてどうすれば理想に近づけるかが理解しやすいシートとなっております。

☆実際にダイエットやカロリーセーブする場合。
人によって、現在のライフスタイルと遺伝子に個人差が大きくかかわります。ご自分はどんなダイエットがより効果的か。そして何を目安にすれば良いかレポートいたします。間違った知識や常識でいつまで頑張ってもスリムになれない!リバウンドしてしまう!そんな問題を解決してダイエットできる画期的な方法がこの分析システムです。
 

分析結果レポート

 
 
●参考文献
1) Yoshida T,Sakane N et al. Mutation of β3-adrenergic-receptor gene and response to treatment of obesity. Lancet. 346(8987):1433-1434,1995
2) Kim-motoyama H,Yasuda K et al. A mutation of the beta 3-adorenergic receptor is associated with visceral obesity but decreased serum triglyceride.  
  Diabetologia, 40(4):469-472, 1997
3) Walston J,Silver K et a.l Time of onset non-insulin-dependent diadetes mellitus and genetic variation in the beta-3-adrenergic-receptor gene.
 N. Eng.l J. Med,. 333(6):343-347,1995
4) Clement K, Vaisse K et al. Genetic variation in the beta3-adrenergic receptor and an increased capacity to gain weight in patients morbid pbesity.
 N. Engl. J. Med, 333(6):352-354,1995
5) Kawamura T,Egusa G et al. Association of β3-adorenergic receptor gene polymorphism with insulin resistance in Japanese-American men.
 Metabolism, 48(11):1367-1370, 1999
6) Kawamura T,Egusa G et al. Beta(3)-adrenergic receptor gene variant associated with upper body obesity only in obese Japanese-American men
 but not women. Diabetes. Res. Clin. Pract, 54(1):49-55, 2001 (摘要)
7) Yoshida T,Sakane N et al. Assosiation between β3-adrenoceptor polymorpism with obasity and diabetes in Japan. Int. Med, 38(2):207-209, 1999
8) Kogure A,Yoshida T et al. Synergistic effect of polymorphism in uncoupling protein 1 and β3-adrenergic receptor genes on weight loss in obese Japanese.
 Diabetologia, 41(11):1399, 1998
9) Valve R,Heikkinnen S et al. Synergistic effect of polymorphism in uncoupling protein 1 and beta3-adrenergic receptor genes on basal metabolic rate
 in obese Finns. Diabetologia, 41(3):357-361,1998
10) Nagai N,Sakane N et al. The -3826A→G variant of the uncoupling protein-1gene diminishes postprandial thermogenesis after a high fat meal
 in healthy boys. J. Clin. Endocrinol Metab, 88(12):5661-5667, 2003
11) Nakano T,Shinka T et al. AG heterozygote of the A-3826G polymorphism in the UCP-1 gene has higher BMI than AA and GG homozygote
 in young Japanese males. J. Med. Invest, 53:218-223, 2006
12) Sakane N,Yoshida T et al. β2-adrenoceptor gene polymorphism and obesity. Lancet, 353(9168):1976, 1999
13) Large V, Hellstrom et al Human beta-2 adrenoreceptor gene polymorphism are highly frequent in obesity and associate with altered adipocyte
 beta-2 adorenoceptor function. J. Clin. Invest, 100(12):3005-3013, 1997 (摘要)
14) Meirhaeghe A, Luan J et al. The effect of the Gly16Arg polymorphism of the beta(2)-adrenergic receptor gene on plasma free fatty acid levels
 is modulated by physical activity. J. Clin. EndMetab, 86(12):5881-5887, 2001
15) Kawaguchi H, Masuo K et al. β2- and β3-Adrenoceptor polymorphisms relate to subsequent weight gain and blood pressure elevation in obese
normotensive individuals. Hypertens. Res, 29(12):951-959, 2006
16) Tomas K, Hans J et al. α-Lipoic Acid Treatment Decreases Serum Lactate and Pyruvate Concentrations and Improves Glucose Effectiveness
 in Lean and Obese Patients With Type2 Diabetes. Diabetes Care, 22:280-287, 1999
17) Kamenova P Improvement of insulin sensitivity in patients with type 2 diabetes mellitus after oral administration of alpha-lipoic acid.   Hormons, 5(4):251, 2006
18) Biewenga GP, Haenen GR et al. The pharmacology of the antioxidant lipoic acid. Gen. Pharmacol, 29(3):315-331,1997 (摘要)
19) Eric P Brass Supplemental carnitine and exercise. Am. J. Clin. Nutr, 72(suppl) 618S-623S, 2000
20) Pietrzak I, Opala G et al. The role of carnitine in human lipid metabolism. Wiad. Lek, 51(1-2):71-75, 1998 (摘要)
21) Helene P, Jennifer SS et al. Nutritional supplementation with trans-10, cis-12-conjugated linoleic acid induces inflammation of white adipose tissue.
 DIABETES, 55:1634-1641, 2006
22) Katzman MA, Jacobs L et al. Weight gain and psychiatric treatment is there as role for green tea and conjugated linoleic acid.    Lipids in Health and Disease, 6(14):1-4, 2007
23) Sabine T, Graham CB et al. Effects of dairy products naturally enriched with cis-9,trans-11 conjugated linoleic acid on the blood lipid profile
 in healthy middle-aged men. Am. J. Clin. Nutr, 83:744-753, 2006
24) Ulf R, Bengt V et al. Effects of cis-9,trans-11 conjugated linoleic acid supplementation on insulin sensitivity, lipid peroxidation, and proinflammatory
 markers in obese men. Am. J. Ciln. Nutr, 80:279-283, 2004
25) Michael W Pariza Perspective on the safety and effectiveness of conjugated linoleic acid. Am. J. Clin. Nutr, 79(suppl):1132S-1136S, 2004
26) Gerhard TG, Ahmann A et al. Effects of a low-fat diet compared with those of a high-monounsaturated fat diet on body weight, plasma lipids and
 lipoproteins, and glycemic control in type 2 diabetes. Am. J.Clin. Nutrj, 80:668-673, 2004
27) Manny N, Jennifer BK et al. Effect of an energy-restricted,high-protein,low-fat diet relative to a conventional high-carbohydrate,low-fat diet on weight loss,
 body composition. Am. J. Clin. Nutr, 81:1298-1306, 2005
28) Leonie K, Manny N et al. Effect of energy restriction, weight loss, and diet composition on plasma lipids and glucose in patients with type 2 diabetes.  
  Diabete Care, 22(6):889-895, 1999
29) Sargrad KR, Homko C et al. Effect of high protein vs high carbohydrate intake on insulin sensitivity, body weight, hemoglobin A1c, and blood pressure
 in patients with type 2 diabetes mellitus. J. Am. Diet Assoc, 105(4):573-580, 2005 (摘要)
30) Brinkworth GD, Noakes M et al. Long-term effects of a high-protein, low-carbohydrate diet on weight control and cardiovascular risk markers
 in obese hyperinsulinemic subjects. International J. of Obesity, 28(5):661-670, 2004 (摘要)
31)厚生労働省 日本人の食事摂取基準   
32)保科 壽直 「ノンウエイトトレーニング」 ぎょうせい出版
33)Sakane N et al:Diabetes Care,1997
34)高倉 康人、吉田俊秀 日薬理誌 118、315-320(2001)
35)李 東俊 肥満研究 Vol.10 No.1 48-53.2004
36)吉田 俊秀 食品加工技術 Vol.24 No.4 197-197.2004  
37)Exp Clin Endocrinol Diabetes.2007 May;115(5):303-7
 
体質に合わせた食事・運動がダイエット成功のカギです!


Copyright (C) green-heart co.,ltd. All Rights Reserved.