まさこメディカルクリニック タイトル  

トップ  自費部門 トップ  おススメの検査
オススメの検査

活性酸素測定オリゴスキャン(体内ミネラル&有害金属検査)
PWV(脳波伝播速度)頸動脈超音波検査| 
骨密度測定肺年齢測定内臓脂肪測定卵巣機能検査
アルコール感受性遺伝子検査肥満遺伝子検査
 |AGEs体内糖化度(こげつき)検査

 アルコール感受性遺伝子検査
●20歳を迎えるお子様と一緒にお酒の健康的な飲み方を一緒に考えてみませんか?

大事なお子様が、急性アルコール中毒で死亡という悲劇を起こさないために、
20歳の記念にアルコール感受性遺伝子検査を是非してみましょう!

●上手なコミュニケーション(飲みにケーション)のためのアルコール感受性遺伝子検査


あなたはお酒が飲めますか?
「飲める」と答えた方、自分に合った「適量」を飲んでいますか?
現在飲んでいる量を、本当にこのまま飲み続けても大丈夫ですか?
お酒を飲み続けることにより、どんな病気になるリスクが高い体質か、ご存知ですか?
例えば、下記のことなどは、「爪」から簡単に調べることができます。
アルコールが「飲める」体質?「飲めない」体質?
実は「無理やり飲めてしまってこのまま飲酒を続けると、食道がんになるリスクが高い体質?
脳梗塞(ラクナ梗塞)になるリスクが高い体質?
アルコール依存症になりやすい体質?

※アルコール感受性遺伝子検査は郵送検査もできます。
【料金】
郵送検査の場合:アルコール感受性遺伝子検査キット代+送料880円(全国一律、北海道・沖縄・離島は除きます)
当院受診の場合: アルコール感受性遺伝子検査キット代のみ

●適切な飲酒量は、『人それぞれ』
お酒は「適量」飲めば、「百薬の長」とも言われ、美味しく飲むこともできます。
ただし、「適量」は、遺伝子タイプによって、人それぞれ異なっています。
検体は、爪なので、痛みなく簡単に調べることができます!
分析レポートは、「爪」を送っていただいてから、約1週間で届きます。
自分の遺伝体質を知ることで、自分に合った「新しい飲酒」をし、飲酒による病気の予防をし、健康な体を作りませんか?
「アルコール感受性
遺伝子分析キット」

●検査の流れ

【郵送検査の場合】

(1)電話予約 пF0834-21-0609
    ↓
(2)代引きで分析キットをご自宅にお送りします。
    ↓
(3)アルコール感受性検査の爪の切り方、送付方法に従い、爪を送付していただきます。
    ↓
(4)検査結果は検査会社から直接自宅に届きます。
   ご質問がある場合は、メールでご質問下さい。

【当院受診の場合】

(1)電話予約 пF0834-21-0609
    ↓
(2)外来で説明の上、検査キットをお渡し致します。
    ↓
(3)アルコール感受性検査の爪の切り方、送付方法に従い、爪を送付していただきます。
    ↓
(4)検査結果は検査会社から直接自宅に届きます。
   ご質問がある場合は、受診予約の上ご来院下さい。
●アルコール感受性検査報告書の内容
分析レポート
 分析結果とアドバイス
 遺伝子型と発生頻度
 遺伝子型一次予防のポイント・栄養アドバイス
 飲酒習慣チェック結果
 参考文献一覧
 ADH1B/ALDH2 説明レポート
遺伝子タイプカード(分析レポートに付属)
 名刺サイズ
 遺伝子タイプ説明QRコード付き
「検査報告書」
●各遺伝子タイプごとの特徴について
 5色(大きく5分類)のジェノタイプカード
ほろ酔い気分で飲める大酒タイプ
つい飲み過ぎてしまうのんべえタイプ
お酒が弱いタイプ
飲酒により特に体をこわしやすい下戸タイプ
お酒を受けつけない完全下戸タイプ
ジェノタイプカード
●参考文献
1). Matsuo K, Wakai K, Hirose K, Ito H, Saito T, Tajima K. Alcohol dehydrogenase 2 His47Arg polymorphism influences drinking habit independently of aldehyde dehydrogenase 2Glu487Lyspolymorphism:analysis of 2299Japanese subjects.Cancer Epidemiol Biomarkers Prev.2006 May;15(5):1009-13                                                            
2). V?kev?inen S, Tillonen J, Agarwal DP, Srivastava N, Salaspuro M. High salivary acetaldehyde after a moderate dose of alcohol in ALDH2-deficient subjects: strong evidence for the local carcinogenic action of acetaldehyde. Alcohol Clin Exp Res. 2000 Jun;24(6):873-7.
3). Muramatsu T, Higuchi S, Shigemori K, Saito M, Sasao M, Harada S, Shigeta Y, Yamada K, Muraoka H, Takagi S, Maruyarna K, Kono H. Ethanol patch test--a simple and sensitive method for identifying ALDH phenotype. Alcohol Clin Exp Res. 1989 Apr;13(2):229-31.
4). Yokoyama M, Yokoyama A, Yokoyama T, Funazu K, Hamana G, Kondo S, Yamashita T, Nakamura H. Hangover susceptibility in relation to aldehyde dehydrogenase-2 genotype, alcohol flushing, and mean corpuscular volume in Japanese workers. Alcohol Clin Exp Res. 2005 Jul;29(7):1165-71.
5). Takeshita T. Genetic factors which regulate alcohol drinking behavior and their effects on health status. Nippon Eiseigaku Zasshi. 1999 Jul;54(2):450-8.
6). Yokoyama A, Omori T. Genetic polymorphisms of alcohol and aldehyde dehydrogenases and risk for esophageal and head and neck cancers. Jpn J Clin Oncol. 2003 Mar;33(3):111-21.
7). Takeshita T, Maruyama S, Morimoto K. Relevance of both daily hassles and the ALDH2 genotype to problem drinking among Japanese male workers. Alcohol Clin Exp Res. 1998 Feb;22(1):115-20.
8). Higuchi S, Matsushita S, Murayama M, Takagi S, Hayashida M. Alcohol and aldehyde dehydrogenase polymorphisms and the risk for alcoholism. Am JPsychiatry. 1995 Aug;152(8):1219-21.
9). Chen CC, Lu RB, Chen YC, Wang MF, Chang YC, Li TK, Yin SJ. Interaction between the functional polymorphisms of the alcohol-metabolism genes in protection against alcoholism. Am J Hum Genet. 1999 Sep;65(3):795-807.
10). Takagi S, Iwai N, Yamauchi R, Kojima S, Yasuno S, Baba T, Terashima M, Tsutsumi Y, Suzuki S, Morii I, Hanai S, Ono K, Baba S, Tomoike H, Kawamura A, Miyazaki S, Nonogi H, Goto Y. Aldehyde dehydrogenase 2 gene is a risk factor for myocardial infarction in Japanese men. Hypertens Res. 2002 Sep;25(5):677-81.
11). Takeshita T. Gene-environmental interactions in alcohol-related health problems--contributions of molecular biology to behavior modifications. Nippon Eiseigaku Zasshi. 2003 May;58(2):254-9.
12). Neumark YD, Friedlander Y, Durst R, Leitersdorf E, Jaffe D, Ramchandani VA, O'Connor S, Carr LG, Li TK. Alcohol dehydrogenase polymorphisms influence alcohol-elimination rates in a male Jewish population. Alcohol Clin Exp Res. 2004 Jan;28(1):10-4.
13). Yokoyama T, Yokoyama A, Kato H, Tsujinaka T, Muto M, Omori T, Haneda T, Kumagai Y, Igaki H, Yokoyama M, Watanabe H, Yoshimizu H. Alcohol flushing, alcohol and aldehyde dehydrogenase genotypes, and risk for esophageal squamous cell carcinoma in Japanese men. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 2003 Nov;12(11 Pt 1):1227-33.
14). Harada S, Agarwal DP, Goedde HW, Tagaki S, Ishikawa B. Possible protective role against alcoholism for aldehyde dehydrogenase isozyme deficiency in Japan. Lancet. 1982 Oct 9;2(8302):827.
15). 村松太郎 特集U・飲酒と遺伝 アルコール依存症と遺伝子. 生物の科学 遺伝. 1999;53(10):62-66.
16). Suzuki Y, Fujisawa M, Ando F, Niino N, Ohsawa I, Shimokata H, Ohta S. Alcohol dehydrogenase 2 variant is associated with cerebral infarction and lacunae. Neurology. 2004 Nov 9;63(9):1711-3.
17). Takao A, Shimoda T, Kohno S, Asai S, Harda S. Correlation between alcohol-induced asthma and acetaldehyde dehydrogenase-2 genotype. J Allergy Clin Immunol. 1998 May;101(5):576-80.
18). Matsuse H, Shimoda T, Fukushima C, Mitsuta K, Kawano T, Tomari S, Saeki S, Kondoh Y, Machida I, Obase Y, Asai S, Kohno S. Screening for acetaldehyde dehydrogenase 2 genotype in alcohol-induced asthma by using the ethanol patch test. J Allergy Clin Immunol. 2001 Nov;108(5):715-9.
19). Yokoyama A, Kato H, Yokoyama T, Tsujinaka T, Muto M, Omori T, Haneda T, Kumagai Y, Igaki H, Yokoyama M, Watanabe H, Fukuda H, Yoshimizu H. Genetic polymorphisms of alcohol and aldehyde dehydrogenases and glutathione S-transferase M1 and drinking, smoking, and diet in Japanese men with esophageal squamous cell carcinoma. Carcinogenesis. 2002 Nov;23(11):1851-9.
20). 竹端均, 和泉徹 アルコールの身体作用:アルコール関連臓器障害 アルコールと循環器疾患. 医学のあゆみ. 2007 ;222(9):638-42.
21). 日本高血圧学会 高血圧治療ガイドライン作成委員会編 高血圧治療ガイドライン2009 日本高血圧学会(2009年発行)
22). 「医学のあゆみ」、vol.222,vol.9,p638-642(2007)
23). 横山 顕 飲酒家の口腔咽頭・食堂・胃の発癌リスク IRYO.2006;60(6):357-364.
24). J Hum Genet.2006;51(1):31-37.


Copyright (C) green-heart co.,ltd. All Rights Reserved.