まさこメディカルクリニック タイトル  

トップ 震災がれき処理アンケート結果山口県版 
震災がれき処理アンケート結果山口県版
内       容: 『震災がれき処理について考えてみよう』のアンケート
震災がれき処理について、あなたはどう考えますか。
期       間: 2012年5月7日(月)〜2012年6月29日(金)
回   答   数: 山口県 371名
アンケート実施者: セルフヘルシーライフ 美学ねっと


問1. 放射線についてご存知の項目にチェックをしてください。(複数回答可)
1. 放射線の感受性は大人より子供のほうが何倍も高いので、子供は放射能による悪い影響が出やすい。
2. ICRP(国際放射線防護委員会)は、放射能の被ばくに関する基準を提唱している。
3. ICRPによると、累積で100ミリシーベルトの被ばくをした時に、致死性のがんが「1000人に5人」の確率で増える。
4. IAEA(国際原子力機関)の安全基準の中に廃棄物に対する基準もあり、放射性セシウム濃度が1kgあたり100ベクレルを超える場合は、特別の管理下に置かれて処理されてきた。
5. 震災以前は「放射性セシウム濃度が廃棄物1kgあたり100ベクレル以下であれば放射性物質として扱わなくてもよいレベル」とされてきた。しかし現在では「焼却後8,000ベクレル/kg以下であれば(特別管理下に置かなくとも)埋め立て可能な基準」とされている。
6. その他
   
 
問2. 政府の震災がれき「広域処理」要請に対し、あなたの市町村はどのように意思表明していますか。
 
問3. その決定の経過及び理由について住民に十分な説明がありましたか。
 
問4. あなたは、ご自身の市町村が震災がれきを受け入れることに賛成ですか、反対ですか。
 
問5. その理由をお答えください(複数回答可)。
1. 復興に不可欠だから。
2. 早期処理が必要だから。災害廃棄物の仮置き場では、ほこりが舞うことにより周辺の生活環境が悪化した状態が継続しており、長期間の貯留により有機物からメタンガスが発生し、火災が起こるなど危険な状態も続いている。
3. 自分達が被災した場合を考え、お互い助け合いが必要だと思うから。
4. 受け入れのための基準作りや安全な取り扱いの指針など、前提条件が整った上で協力したい。
5. がれき処理受け入れで助成金が出るので、市町村の財政のためにも地元経済のためにも受け入れるべき。
6. 国からの説明をニュースで見聞きし、安全面の不安が軽減されたから。
7. 市町村の説明会があり、内容に納得できたから。
8. マスメディア知識から知った限り、安全と思うから。
9. 反対したいが、周囲に賛成意見が多いから。
10. 放射性物質に汚染されていないがれきに限り受け入れに賛成。
11. 健康被害や風評被害が発生した場合に、きちんと国が保証してくれるのであれば賛成。
12. 放射線量の安全基準が明確でないから。
13. 国や東京電力の「安全」の根拠に信頼性がなく、住民に健康被害が及ぶ可能性があるから。
14. 国の対応が無責任だと感じるから。
15. 焼却埋立は、汚染を大気、水、土に広げ、放射性物質を全国にばら撒くことになるから。
16. 放射能は拡散を防ぐことが大原則。不幸にして汚染された場合には、その近くに抑え込み、国の責任において、市民の生活環境に放射性物質が漏れ出ないよう、集中的かつ長期間の管理を継続すべき。
17. 全国で処理する場合、莫大な運搬費もかかり税金の無駄遣い。
18. がれき処理に関する助成金は被災地に渡し、被災地内で焼却してもらった方が復興につながる。
19. 震災がれきに含まれる放射性物質、産業廃棄物、化学物質、重金属は完全には分別できず、一般の焼却炉では対応できないから。
20. 自分の市町村のごみ問題も解決できておらず、焼却施設の処理能力に余力がない。
21. 一次産業(農業・漁業など)への風評被害などで一次産業が成り立たなくなるから。
22. 住民へ十分な説明がなく、情報やデータ不足のため判断できないから。
23. 不安だから。 
24. 賛成したいが、周囲に反対意見が多いから。
25. がれきを焼却するのではなく、活用する方法「森の防波堤」(森脇昭・横浜大学名誉教授提案)などを検討すべき。
26. その他
 
画像を拡大する。
※上記画像は縮小版です。
画像を拡大する。
 
問6. 震災がれきの処理対策はどうすべきと考えますか(複数回答可)。
1. 今までの国の対応から、国の検査やその基準が信用できないので、きちんとした安全の科学的根拠を示すことが大事。
2. 住民へのわかりやすい説明や議論の場を持つこと。
3. 正しい情報の共有化。
4. 中立的な立場の専門家の意見を国として取り入れるべき。
5. 国からの補助金の流れを明らかにすべき。
6. 広域処理すると決定した過程が不透明(利権が絡んでいる)なので明らかにすべき。
7. 復興とがれき処理は別問題として考えるべき。
8. 費用対効果を考えて検討すべき。
9. 焼却するとセシウム濃度が約33倍に上がり危険。
被災地に仮設焼却炉を建設するなど、放射能汚染が広がらない他の方法を検討すべき。
10. がれきは汚染の強い場所に集めて積み上げてコンクリートで固めたらよいと思う。
11. その他
   
 
問7. がれき処理に関して多くの国民が関心を持つことが大事だと思います。
このアンケートをきっかけに、国民が正しい情報を基にして賛成あるいは反対の意見が出せるように、賛成・反対の立場をそれぞれ確立されている方は、アンケートから見えてこないあなたがお持ちの知識があれば教えてください。
【賛成の方の記述による意見】
1) 私は当時、茨城で被災をしました。放射能に関する知識はありませんが、検査の結果が問題のないものだったら、協力して頂きたい。
2) できることは少ないかもしれないけど、手助けはしていきたいと思う。
3) 知識が全くなく、よくわかりません。
4) 早く以前の生活へ一刻も戻すべく、皆がたくさんの案を出し合い解決できればと思います。
5) 国の検査や基準、安全の根拠の統一したもので確立し、それを共有することが必須である。復興の大きな妨げとなっていると思うので協力したいと考えている。
6) 自分だけ安全という場所は日本にはないと思うが、率先してすることでもないように思う。
7) 東北の住民が1日でも早く住みなれた地域で暮らすために自分さえよければいいという考えをなくすべき。
8) すべての県、市町村が自国のこととしてとらえる必要がある。
9) 原発処理の諸案件は国民が共有すべきと考える。
10) まだ、よく理解できていないので、いろいろ知りたいと思います。
11) がれきの焼却した後の灰をセメント等として混合物製品にできる。
12) 問題とは思っているが、活動する暇や余裕がない。
13) 多少のリスクはあるが日本の中でお互いに協力すべきだと思います。
14) 知識がなくよく分からない。
15) 私が震災にあった場合、周りに助けて頂きたいと思います。多少のリスクはあると思います。でも相手の立場に立って物事を考えるべきではないでしょうか。
16) 早急に結論を出し受け入れる。
17) 知識はありませんが、山口県が震災になったことを考えると困っている時は互いに助け合い支え合いの精神が必要だと思うから。
18) 特になし。ガレキは早く処理すべき。
19) 復興には、がれき処理は早急にする必要があると思います。絆という言葉の本当の意味、意義について考える必要あり。正しい情報、科学的根拠を一般の人にもわかりやすく説明して欲しいと思う(安心感を与えるためにも)反対している人は、感情的にならず冷静に事実正しい情報を聞いて欲しいです。以前TVで海外でがれき処理をするという番組をみて日本人として恥ずかしいと思った。絆と支援は、寄付やチャリティーだけでないということを発信したいと思います。
20) 安全性を確認したら日本全体で処理すべき。
21) 国民が協力して、どうすべきか、自分のことばかり考えず協力できることは多少のことが我慢すべきと思います。
22) 1日も早く日本国民の一員として協力すべきと考えます。
23) 福島を旅して現状を目にしてきました。涙が出るくらい復興しておりません。がれきも山ずみでした。このままではいけないと思いました。
24) 特にない。他国主に中国、北朝鮮の米国の地域及び特定値の値と比べるべき。
25) がれきを焼却するのでなく、放射能の汚染処理をした上で、活用の方法はないのでしょうか。
26) 市民に対する正しい説明を安全確認の上、震災の被害を受けられた方々の思いで日本全体で協力、助け合うことが必要だと思う。
27) 日本国民として、災害がおこった場合、助け合いの精神は、持たないといけないと思う。
28) 絆と口ではいいながらがれきは受け入れが進みませんね。国がきちんと決めてくれればと思います。
29) 日本国全体の問題としてとらえ、助け合うべきである。
30) 震災は全国民が共有しなければいけない問題です。国が責任を持って復興できる対策をとるべきだと思います。
31) 多いに受け入れるべし、日本人同志として。
32) 感情的に反対するのではなく、正しい知識を持って対応したい。
33) どこに住んでいてに危険は伴うので、助け合いは必要だと思う。
34) がれき処理に伴い、明確な方法であったり安全策等開示されれば(住民が安心できれば)賛成。
35) とにかく助け合いの意識が大切だと思う。
36) 国がリーダーシップをとり県に働きかける、正しい知識を共有すべきだと思います。
37) 確実な情報が少ないので国民に解かり易い情報をもっとたくさん流して欲しい。
38) がれき処理の安全や、重要性をもっと訴えて、国民全体で取り組まなくてはいけない、という意識を高めるべきだと思います。
39) 反対ではないが、処理施設を今からでも建設すればよいと思います。
40) がれき処理に関しては、全国で処理が必要だと考えます。
41) 国の対応きちんとしてもらいたいです。
42) 具体的な情報が国民のところまではいってこない。関心を現わさなければならず、他人事の考え方のほうが多いと感じている。協力して対応すべきと思います。
43) 子供を持つ母親として、放射能の危険性は心配です。けれど、被災した方々が困っているのは心苦しいです。明日は我が身ではないですが、困っている人を助けれる人間でありたいと思います。国として安全対策や基準をきしんと行って正しい情報を出していただけるよう願います。
44) がれき処理によりどれくらいの影響があるのか具体的にわからない。
45) 安全面が未来ある子供達に悪い影響が出るようだと絶対に困るので、保証されるのであれば受け入れてもよいと思う。お互いに国民のひとりとして助け合うことは必要である。
46) 条件付き賛成。
47) 残り処理の必要量が不明でどの位の自治体に対して協力が必要か不明確。
48) 助けたい。そのためには30年以上深刻な影響が及ぶ物質の安全な処理方法を一刻も早く国をあげて確立してほしい。すでに確率しているのであれば皆にしっかりアナウンスして素早く実行してほしい。
49) がれき処理は必要です。表裏を見たがあまりにも関心がなく知らないことが多くて恥ずかしかったです。
50) 専門家が放射能の処理を考え出す。
51) 簡単にはいかないと思う。全てが大変だと思う。
52) 自分の住んでいる地域が逆の立場で困っていたらと思うと、反対とばかりいえない。きちんとした説明と安全性を確認できるなら受け入れも考えるべき。ただ山口は遠いのでコスト面で輸送費用が高くなる過ぎるのでは。
53) 放射線について騒ぎすぎと思います。
54) 安全性の確認のとれたがれきについてはそれぞれ分担して受けるべき。
55) 安全面に配慮しより早期の処理をすべき。
 
【反対の記述による意見】
1) 汚染は目に見えないものなので、正しい知識や情報を知ることは大事なことだと思いますが、できれば放射線物質は広げないほうが良い。
2) 知識が全くなく、よくわかりません。
3) 自分だけ安全という場所は日本にはないと思うが、率先してすることでもないように思う。
4) ゼネコン利権については長野県議ふじおか義英氏が調査し公表していた。がれきを受け入れた自治体では放射能測定値が実際あがっている。震災がれきは被災地で処理し、必要なら被災住民の転出を検討すべき。広域処理を強行すれば野田政権、細野大臣は歴史に名を残す愚者とされるだろう。
5) 数値を公表するべき。
6) 問題とは思っているが、活動する暇や余裕がない。
7) TVでみているだけで、被災地に行ったことないおで、私がいつかいって見て感じて考える、材料にしたいので、がれきを全国にばらまくのではなく、被災地ですべて処理し、こういう風になるのですよ、というものを作り残してほしい。(次の世代の人々にもわかるように)例:広島の原爆ドームのように、あと正しい情報の共有化を強く望みます。私のまわりでは勉強不足もあるのですが、意見がバラバラです。
8) 実際に防府市長が受け入れ表明をした即日、東京在住のお米の年間購入者から、注文キャンセルを受けました。汚染されるかもしれない地域の秋からとれる予定の米を1年前払いで買う気になれないという判断です。市長が他の人だったらよかったのに、との嘆きのメールでした。風評被害とはこんなものです。
9) 子供に対する安全性が確立できない限り、がれき処理の問題には抵抗を感じる。
10) 議論の場を拡充して、1つ1つのことについての理論づけが重要
11) 放射能を全国に拡散することになり日本がダメになる。
12) 全国で焼却処分しないで、現地で焼却処分すればいいと思う。国、東電の対応は無責任である。
13) がれき処理は必要です。表裏を見たがあまりにも関心がなく知らないことが多くて恥ずかしかったです。
14) 私は大反対。
15) 科学者、有識者の人々の意見を国がよく聞いて話し合いの場を持ってほしい。
16) 安全の確認が明確であること。国の補償を具体的に出す。他、国民の不安がないようにしてほしい。
17) 被爆していない地域に薄く広くでも放射能をばらまくのは良くないと思う。被爆地内で閉じ込めて、他地域は全く影響させないで解決する道を全国民で探りたいと思う。


Copyright (C) green-heart co.,ltd. All Rights Reserved.